FUN MEETING疑問や知りたい事を質問しよう!
投稿受付中!

先日2日間に渡った動画興味深く拝聴させていただきました。日本のトップ選手の皆さんの率直なお話たいへん参考になりました。 私は現在、U-12・U-15のクラブチームの指導と部活指導員として女子中学生の指導をしております。私は20年前からone hand派です。 そして、体の使い方さえ覚えれば10才前後で十分3pointlineから届きます。 女子と男子では腕の関節の曲がり方に違いがあるので男子と同じように指導してもそのようにならないことが多いです。 本題に入ります。one handを推進していくに対して1番のネックは現場だと思います。せっかくone handで上に上げても過去の経験から中高の指導者がそれを嫌います。すると女子なので普通は思い悩みます。そしてone handとbothでは足が違ってくるので、修正を促された選手は伸び悩んでしまいます。なので、そこが変わらなければ中々選手の力だけでは難しいのが現状です。指導する立場の方々の意識改革を変えるにはどうすればいいのか?が私の悩みどころです。 大神氏のような著名な方が声高らかに推進していただけるのはたいへん喜ばしい限りです。今後とも発信力のある大神氏のがんばりを期待しております。 長文失礼しました。
(ペンネーム:オレンジの海賊さん)
その様な部分もあって、今回このサロンで指導者の方とディスカッションしていきたいなと思っております。まさしく、このような意識改革の部分を一緒に取組んで行きたいです。今後は、一方通行ではなく、双方向のディスカッションできるようなツールを使いながら指導者の意識改革や、育成の部分をみんなで一緒に考えていけるような時間を作っていければと思いますので今後とも宜しくお願い致します。
ボースハンドのライブ配信を楽しく拝見しました。
ありがとうございました!
私は、娘が所属するミニバスチームで、審判と練習のお手伝い(指導者ではありません)をしております。
テーマのボースハンドですが、女子ミニバス選手のほとんどがボースハンドの理由は 「腕力が無い」事と、大神さんがおっしゃる通り「ワンハンドの知識が無い」 からだと考えます。
実際、所属チームの指導者は、腕力の事をおっしゃっていました。
しかし、男子ミニバスは全員ワンハンドですし...
(ペンネーム:martinさん)
ワンハンドが届く届かないというのは、ちょっとした先入観の部分が強いので、 体の使い方などの知識を今後の指導者と一緒に考えて行きたいですね!
”ボースハンドシュート”についての動画、興味深く拝見しました。
私はミニバスがメインの指導者で、小1女子からワンハンドシュートしか教えません。スキルとしての効能、発展性、柔軟性(+カッコ良さ!)どれを取っても、ワンハンドがボースハンドを凌駕しているのは議論の余地が無いです。

ボースハンドの方が一般的に優っていると言われる「飛距離」に関しても事実とは言えないし、クイック3Pに関してもワンハンド・ワンモーションのクイック3Pはボースハンドと同等の速さかつ打点はより高いです。

ワンハンドだと飛ばないと悩む選手のほとんどは、ボールへの力の伝え方が良くないです。片手操作の練習自体の不足に加えて、ワンハンドショット特有の飛距離を伸ばすメカニズム(肩甲骨・肩・肘・小指・ディップ・ターン・S&S等)を教わってない印象が強いです。

トリプルスレット、ディフェンスとの駆け引き、ボールムーブやセレクションやリバウンドのリズムとタイミング、全て違ってきますので、ボースハンドシュートの選手が混じると練習効率が落ちるし、チームオフェンスのデザインに悪影響を及ぼすとすら言えると思います。
(ペンネーム:bobcats14さん)
小学校の時点でワンハンドしか教えないという点は私も共感しています。
スキルとしての幅も・ビジュアルをとってもメリットは大きいと思うので、bobcats14さんの様な指導者が今後どんどん増えて行くように、私も色々と発信していきたいなと思います!一緒に頑張りましょう!
大神様
スクールコーチをしている、石杜駿(いしもりしゅん)と申します。
LIVE配信、楽しませていただきました!1つ情報を提供させていただきます。
コーチ今倉氏による解説です。
ツーハンドの歴史について、
↓の動画にのっています!
https://youtu.be/HIPJLG0RNtU
(2:10~見ると良いかと思います)
(ペンネーム:イシモリシュンさん)
ありがとうございます!参考にさせて頂きます!
YoutubeLive討論で2Pジャンパーをワンハンド、3Pをボースハンドで打つ話がありましたが、これまで3Pを打っていなかったワンハンドのインサイド選手が3Pに挑戦するとき、3Pをボースハンドで打つというのはどう思いますか。

ボースハンドからワンハンドへの流れに逆行しますが、インサイドの選手が3Pを打つシチュエーションでは、ボースハンドのデメリットとしてあげられるものは影響しにくいように感じます。

ワンハンドで距離を伸ばすのも、新たにボースハンドも練習するのもそれぞれ違う大変さがあると思いますがどうなんでしょうか。
(ペンネーム:ikepanさん)
私であれば、ワンハンドで距離を伸ばす練習をします。ワンハンドで3Pが届かないということは体の使い方を覚えれば絶対ないと思うので(特にインサイドの体の大きい選手であれば)、ワンハンドに取組んで頂きたいと思います。
ボースハンドについてのYouTube拝見しました。これからはワンハンドの時代ということで、娘(中2)も小5よりワンハンドに取り組んでいますが、ミニ、中学共に女性のコーチで自身がボースハンドだったこともあり、ワンハンドについては細かく指導頂けない感じです。

娘も3pになると確率は悪くなるため、ゲームで3pを打つと確率低いのに打つなと注意されています。
まわりは全てボースなので、このまま我流のワンハンドで良いのか悩んでいるようです。今はYouTubeや指導のDVDがあるので、それを参考にしていますが、やはり直接指導してもらえるボースに変えた方が良いのでしょうか?

練習方法などでヒントがありましたら教えて下さい。
(ペンネーム:gachoさん)
今はYouTubeやDVDがあるのでそれを参考にして真似ることから始めても良いのではないかと個人的には思います。その様な事を教えてくれる指導者が増えることも願っています。こういった選手たちの為にも、ワンハンドを指導出来る指導者が増えるように私も出来る範囲のことを伝えていきたいと思います!
娘さんにも、今のことではなく今後の事を考えてワンハンドに取組んで頂きたいです!
僕は高校1年生なのですが、ミニバスの時ボースハンドシュートだったのを、中学校の時、ワンハンドシュートに変えました。
今日のYouTube Liveで仰っていたような 体全体をつかって...とまでは行きませんが、打点が低く、胸辺りから打ってしまいます。打点を顔辺り、頭辺りにすると、フリースローとスリーポイントの間くらいまでしか打てません。
ずっと少しづつ遠くにしようとはしてみたんですが、届きません。ならわざわざ今スリーポイントを打つ 必要はないんじゃないかと思ったりもしましたが、やっぱり打ちたいです。
コーチなどからは、下半身の力を伝える!と言われましたが、言っていることはわかりますが、やってみようとすると、よくわかりません。
自分的にはボースハンドシュートも一つの手かとも思ったのですが、そうすると必然的に今打っているワンハンドシュートと 大差ないかなと思ってしまったり...
スリーポイントを打つ際、打点が低くなってしまっても、ワンハンドで打ったほうが良いと思われますか?
そして、男子でボースハンドシュートや、打点の低いワンハンドシュートによって、困ることなどありますか? 乱文長文、失礼しました。
(ペンネーム:じぇじぇじぇさん)
ワンハンドで打ったほうが良いと思います!
意識する点としては、ボールをリフティングする前の体が沈むとき、ボールもしっかりとディップするという意識を強く持ってみてはどうでしょうか。
私は肩を脱臼し手術を行いました。それから手術をしていない方ではシュート許可が出て、ワンハンドシュートに移行しようと考え数ヶ月練習していたのですが最近両手の許可が出てから少し打ってみてミニバスからボースハンドで打っているためシュート確率的にはこちらの方がいいです。
しかし、プレーの幅が広がるのではないかと考え打てるようになるのであればワンハンドシュートにしたいと思っています。
最初は何を意識するのか、打ち方のポイントが有れば教えて頂きたいです。
よろしくお願いいたします。
(ペンネーム:はるさん)
ボールを持った時の中心の位置です。ボースハンドだと、親指・人差し指・中指あたりで右も左も持つかと思うのですが(バレーのトスみたいな)、ワンハンドだと最終的には人差し指と中指でひっかけますが、ボースハンドからの移行を目指す選手であれば、まずはボールを持って手を返した時に薬指の付け根あたりに中心があるイメージを持つと良いのかなと思います。

他にも意識するポイントはあるのですが、まずは持ち方を特に意識してみてください!その他のポイントは追ってご紹介していきますね。
ボースハンドシュートについての動画みました!楽しかったです!

僕もワンハンドシュートをJrの子達に勧めたいと思っていますが、成長期のJrには筋肉量などの面から、身体的負担が大きく関節痛など起こりやすのかなと思うのですが、シンさんはワンハンドシュートを教える際、身体的負担をどのように考えて教えますか?
(ペンネーム:りんさん)
たしかに、関節痛などが起こり得るかとは思うのですが、全身運動の取組みを意識すれば身体的な負担はあまり無いのかなと思います。 ワンハンドシュートが身体的な負担が大きいという事は、指導者の感覚的な思い込みの部分が大きいのではないかと私は感じています。 動画などでNBAの選手の子供達が小さい時からシュートを打っている姿をみる、体の使い方だけなのかなと思うので、しっかりと床を蹴る全身運動やタイミングなどを伝えられれば身体的負担というのはあまり気にならないと感じています。
ボールの持ち方、しっかりディップすること、しっかりフロアを蹴ること、この動きが一連となるようなタイミング、この4つがあれば、届く届かないの部分は解決できるのではないでしょうか。シュートが入る入らないはまた別の問題で練習が必要ですが、届くことを考えるのであればこの4つの事がキーなのかなと思います。
コロナで以前のように動けず、どんどん太っていきます。足が太くなっていって動ける気がしません。足を細くする方法を教えてください。

筋肉で引き締まったような!
(ペンネーム:りんさん)
私は小学生の時は70キロあり、結構太っていました。脚を細くしたいから取組んでいたわけではなく、ディフェンスのフットワークを良くする為に取組んでいたトレーニングが「ラダー」でした。ラダーというのはつま先立ちで細かいフットワークをするので、結果的にふくらはぎがスッとなった様な印象はあります。