FUN MEETING疑問や知りたい事を質問しよう!
投稿受付中!

ロンドンオリンピック予選の最後の試合、カナダ戦後のインタビューの時のお気持ちを聞かせていただければと思います。

というのも、あの試合はテレビで拝見させていただいておりましたが、試合でのがんばりは去ることながら、あの試合後のインタビューは私、いや、日本中のバスケファンの胸を打つものがあり、 私の中で、チームスポーツとしてのバスケットボールの在り方を変えもらってような気がしています。

個人主義が叫ばれ、チームスポーツであるバスケットにも多分に個人主義が入り込みつつある現在、あの時の大神さんの気持ちや責任感は、日本人が失くしつつあるチームスポーツとしてのバスケットの本質を深く象徴しているような気がしております。

大変お忙しいとは存じますが、ご回答、何卒よろしくお願い致します。

なお、私は現在様々なカテゴリーのチームでテクニカルスタッフとして試合分析を行いながらバスケットを勉強する傍ら、定期的に子供達への指導をさせていただいております。
(ペンネーム:コマツさん)
バスケットボールは団体競技ではありますが、一人の選手として日本代表のユニフォームを着ます。
これは12人しか着ることが出来なくて、その前には何人もの選手がメンバーから外れるところも見てきます。
私はこの時大きな手術をして大会ギリギリまでチームから離れていました。
にも関わらずキャンプテンとしてあの場所に立つことができました。
結果が全てのあの場所ですが、応援してくださったファンの皆さま、そしてリハビリ中支えてくれたチーム、トルコという遠い場所まで来てくださった家族、ファンの皆さん、関係者の皆さんを思ってあの言葉しか出てきませんでした。

日本代表とはそういう場所だと自分自身は思っています。

人間の感情というのは少しずつ変わりますが、今も日本代表に対してのこの想いは変わっていないと思います。
はじめまして。私は理学療法士をしています。
バスケットボールでACL断裂をされた方のリハビリをさせてもらっているのですが、一度断裂された方は、その人の癖があり最断裂をしやすい動き(膝が内側にはいる)などがみられています。
もちろん最断裂となると競技復帰が大幅に遅れる為、動作修正を行なっているのですが、以前までの体の動かし方とはまた違ってくるのでパフォーマンスが落ちてしまう場合があります。
選手からすると、あまり動き方を変えて欲しくないものなのでしょうか。
選手としてコーチとしての立場からの返答をいただきたいです。
長々と失礼しました。これからも応援しています。頑張ってください!
(ペンネーム:Yuchiさん)
もし私が選手でいたら絶対に変えて欲しいですし、変えたいって思うと思います。

同じ動きをしたらまた同じ怪我をする可能性がありますし、パフォーマンスが落ちてしまうと考えるより新しい発見を見つけてあげることの手助けをしてあげるべきだと思いますよ!

私はACL断裂経験したことはないですが、アライメントの部分で改善できると思っています(足関節の柔軟性や、股関節、体の使い方等)。
もちろん選手とコミュニケーションとりながらリハビリを進めると思いますが、色々と提案してあげその選手に合う動きを発見してあげてください。
そして復帰したときには怪我する前が10であったならば11や12になってることを目標にリハビリ一緒に励んであげてください!
会員の皆さまが投稿した質問を掲載します。
※質問内容を精査するので、ご質問いただいてから掲載までにお時間がかかる可能性がございます。
大神雄子が皆さまの質問に回答します。